ベータテープからDVD・ブルーレイへのダビングについて






ホームビデオからDVDへダビングビデオからブルーレイへダビング >ベータビデオからのダビングの注意点

ベータテープについて

ベータテープをダビングする際の注意点

  ベータからDVDへダビングはこちら

ベータマックスの使用時期

ベータのテープは1975年5月の発売から2002年8月まで生産されていたテープとなります。ですので最も古いものを考えるとすでに30年を超えるものも眠っている可能性があります。
もちろん保存環境によっては全くキレイに映るものも多いのですが、環境によってカビなどが生えている場合も多いのが現状です。

テープの記録時間
代表的なものとして、L-250(βⅠ:30分 βⅡ:60分 βⅢ:90分)・L-500(βⅠ:60分 βⅡ:120分 βⅢ:180分)・L-750(βⅠ:90分 βⅡ:180分 βⅢ:270分)があります。βⅢが3倍モードのようなものです。
お手元のビデオテープを確認して頂きましてテープに何分記録できるものなのかを確認してお申し込み下さい。何分の記録があるか分からない場合はお申し込みは120分で本数分して頂き、内容を確認しご連絡、もしくはそのまま追加分としてご利用頂く形となります。

お申し込み時にはテープのカビの確認を


目視で白い綿のようなものがテープにあればカビの発生の可能性があります。こちらのテープをダビングする場合はダビング前にカビ取りの作業が必要となります。カビ取りの料金はこちらをご参照下さい。


ベータテープを高画質ダビングできる理由

ベータテープにはSONY製の民生用上位機種のデッキを使用しダビングを行っております。またベータテープのデッキはトラッキングなどの画質調整も手動でしか出来ません。手間暇をかけるからこそ出来るダビングの方法を行い出来るだけ綺麗な画質でのダビングを心がけております。
高画質ダビングを詳しくはコチラ


miniDVの画質を高画質で保存する方法

ベータテープをハードディスクにダビングしたい場合



ベータテープをできるだけ画質を落とさないで保存する方法
ベータテープを無圧縮で保存すると60分で11~13GB/時間になります。こちらを通常は4.7GBのDVD-Rにmpeg2にて圧縮してダビングしますので、画質はどうしても落ちます。これをできる限り画質を落とさずに保存する方法としてハードディスクに、この13GBのファイルサイズでダビングします。現在ハードディスクも3TBで1万円を切っておりお求め安くなっておりますので選択肢のひとつにいかがでしょうか?

ハードディスクにダビングする場合、通常通りお申し込みの際、備考にハードディスクにダビング希望とご記入頂き、テープと一緒にハードディスクもご郵送下さい。



ダビングお申し込み