Hi8/8ミリビデオテープからDVD・ブルーレイへのダビングについて






ホームビデオからDVDへダビングビデオからブルーレイへダビング >Hi8/8ミリビデオからのダビングの注意点

Hi8/8ミリビデオテープの歴史やダビングについて

Hi8/8ミリビデオのテープをダビングする際の注意点

 Hi8からDVDへダビングはこちら

Hi8/Video8/8ミリビデオとは

8ミリビデオはテープ幅が8ミリで、VHS-Cのコンパクトカセットとカセットの大きさはほぼ同じであるコンパクトなテープです。Hi8は8ミリビデオの上位互換テープでVHSとS-VHSの関係と同じで、8ミリビデオと同じ大きさで水平解像度400TV本を実現させた規格となり、8ミリビデオからHi8へと家庭用のビデオカメラは推移していきました。※デジタル8のダビングは取り扱っておりません
※シングル8やレギュラー8のような映写機を使用したテープ規格ではございません

テープの記録時間のダビング注意点
Hi8のテープは60分 120分の規格があります。お手元のテープもおそらくこの中の規格のものと思いますが、Hi8テープは3倍モードでの記録ができるため、120分のテープでも360分の記録ができてしまいますので、お手元のHi8テープをダビングされる際に記録分数が不明な場合は120分でダビングのお申し込みをして頂き、240分記録されている場合は120分の追加(500円)される形となります、お振込・ダビングの金額はダビング完了時にご連絡させて頂きます。

Hi8/8ミリビデオのカビ・テープ切れについて


Hi8noテープはVHSテープやベータテープと違い目視でカビの発生を確認することが困難です、よってテープ再生中にテープが切れる場合(絡まったりする以外)はほぼカビによる劣化が原因と思われます。この場合はお客様にご連絡し、カビ取りやテープ切れの復旧後にダビングされるかどうかのご相談をさせて頂きます。
またPAMでは業務用のビデオデッキを使用しており、《他社様で再生不可だったテープ》をご依頼頂きダビングが出来たケースが何件もあります。

Hi8/8ミリビデオを高画質ダビングできる理由

Hi8テープにはSONY製の業務用ビデオデッキを使用しダビングを行っております。また手間暇をかけるからこそ出来るエンコードの方法を行い出来るだけ綺麗な画質でのダビングを心がけております。
高画質ダビングを詳しくはコチラ


miniDVの画質を高画質で保存する方法

Hi8/8ミリビデオをブルーレイにまとめてダビング


DVDへの保存は60分が最高画質となり120分までを1枚の許容範囲としてダビングしております。ですのでDVD1まいに複数本のHi8をまとめられる事はあまりありません。しかしブルーレイですと10時間程度の映像をまとめてダビングする事も可能です。※料金はビデオの本数、また120分以上の場合は追加の記録分数が加算されます。

Hi8/8ミリビデオをハードディスクにダビングしたい場合



Hi8/8ミリビデオをできるだけ画質を落とさないで保存する方法
Hi8のテープ無圧縮で保存すると120分で20~25GB/時間といったところでしょうか。こちらを圧縮してMPEG2の形式としてDVD4.7GBのディスクに書き込みますので、エンコード作業はもちろん最善のソフトを使用して行いますが、無劣化とはいきません。これをできる限り画質を落とさずに保存する方法としてハードディスクに、この20GBのファイルサイズでダビングします。現在ハードディスクも3TBで1万円を切っておりお求め安くなっておりますので選択肢のひとつにいかがでしょうか?※再生はPCでの再生となります。

ハードディスクにダビングする場合、通常通りお申し込みの際、備考にハードディスクにダビング希望とご記入頂き、テープと一緒にハードディスクもご郵送下さい。



ダビングお申し込み