miniDV・DVテープからDVD・ブルーレイへのダビングについて






miniDVテープについて

miniDVテープをダビングする際の注意点

 miniDVからDVDへダビングはこちら

miniDVのSPモードとLPモード

ミニDVテープにはSPモード(60分)の記録とLPモード(90分)の記録が出来ます。
LPモードでの記録は1.5倍とテープ自体の省エネという部分ではとても便利なのですが、記録される情報が少ないため映像再生に関して
とても不安定になるリスクがあります。
撮影されたビデオカメラでの再生は保証されますが、他の機材での再生の際にノイズや音声の乱れが頻繁に生じます。
弊社でもLPモード対応の業務用機器や相性の良いデッキを選んでダビングを行いますが、ノイズがどうしても出てしまう場合もあります。

miniDVにHD画質で記録


ミニDVテープにもビデオカメラによってHD画質で記録する事が可能です。(詳しくはコチラ)
この場合、映像はHD画質となりますのでブルーレイにダビングすることによってHD画質の鮮明さを保持してダビングする事が可能です。
DVDにダビングとなるとSD画質にダウンコンバートしての記録となりますので、せっかくのHD画質がもったいないことになりますがご自宅にブルーレイのプレイヤーがないなどの場合もありますので、ミニDVをお申し込み頂き映像がHDの場合はご連絡し、ご選択いただきます。

miniDVのカビ・テープ切れについて


VHSテープやベータテープと違い目視でカビの発生を確認することが困難です、よってテープ再生中にテープが切れる場合(絡まったりする以外)はほぼカビによる劣化が原因と思われます。この場合はお客様にご連絡し、カビ取りやテープ切れの復旧後にダビングされるかどうかのご相談をさせて頂きます。

miniDVテープを高画質ダビングできる理由

miniDVテープにはSONY製の業務用のビデオデッキを使用しダビングを行っております。またIEEEでのデジタル出力での取り込み方法で手間暇をかけるからこそ出来るダビングの方法を行い出来るだけ綺麗な画質でのダビングを心がけております。
高画質ダビングを詳しくはコチラ


miniDVの画質を高画質で保存する方法

miniDVをハードディスクにダビングしたい場合



miniDVテープをできるだけ画質を落とさないで保存する方法
miniDVを同等の画質で保存すると11~13GB/時間になります。こちらを4.7GBのDVD-Rにmpeg2にて圧縮してダビングしますので、画質はどうしても落ちます。これをできる限り画質を落とさずに保存する方法としてハードディスクに、この13GBのファイルサイズでダビングします。現在ハードディスクも3TBで1万円を切っておりお求め安くなっておりますので選択肢のひとつにいかがでしょうか?

ハードディスクにダビングする場合、通常通りお申し込みの際、備考にハードディスクにダビング希望とご記入頂き、テープと一緒にハードディスクもご郵送下さい。



ダビングお申し込み