PAMのDVDダビングサービスは高画質・低価格で安心です。






ホーム初めての方へ > PAMのダビングサービス

日本全国からおDVDダビングの申し込みを頂いております

プロ用機材と民生上位機種を使用して高画質を実現
まずは出力するビデオデッキで再生画質は変わります。弊社ではキャプチャー(取り込み時)にアナログテープに関しては彩度・シャープなどの調整をい一部行うことでキレイな画質になるように調整しております。
経験を元に行う映像の調整を行います。ベータなどの機種はトラッキングも自動では出来ませんので、人間の手動で行う必要があります。こちらもPAMならではの高画質実現のサービスです。

納期をゆっくりと通常の2種類で低価格ダビング料金を実現

エンコード時のビットレートを最善に配分して高画質
ダビングしたDVDの画質は元のデータ以上に画質が良くなることはありません。 基本的には映像が持っているデータ量を変換などによって減らすことになりますので、画質が幾分落ちます。 これは原理的な問題ですので弊社のサービスにだけ生じるというようなものではございません。
弊社ではできる限り画質を落とすことなく、ダビングしてお届けできるように時間を掛けた丁寧な処理を行います。
アナログテープをデジタル化する際にとっても重要となるエンコード作業は、メジャーなゲームソフト作成会社等でも使用しております、エンコードソフトを使用し、VBR可変ビットレート方式(2パスエンコード)で最適なエンコードを行います。
映像はビットレート(時間当たりのデータ量)が多ければ画質は良くなりますが、もちろんデータ量は増えますので、4.7GBのDVD-Rに書き込むには限界があります。
これをVBR方式でエンコードをすることにより、複雑な動きのあるの部分には高いビットレートを配分し、単調な部分には低めのビットーレートを配分しますので限られたビットレートを最善に配分してダビングできます。


アナログビデオテープはS-VIDEO端子


VHS・ベータなどS端子接続が可能なデッキはS端子で出力、もちろん通常のAV端子より高画質での出力が可能

miniDVやHDVなどのデジタル映像はIEEE(デジタル)出力


デジタルデータはデジタルでの出力ですので、入力時点での劣化はかなり軽減されます。ただし、映像のみとなりますので、日付などのデータは保存できませんのでご理解の程お願い致します。

ダビングお申し込みのながれ