PAMのビデオダビングサービスは安心の高画質・低価格でDVD・ブルーレイにダビング
cartお問い合わせお問い合わせお気軽にお電話下さい

お手元のテープはDVD・ブルーレイどっちがおすすめ!

テープに合った記録メディアを選択しましょう

SD画質とHD画質のテープ

ビデオテープには(SD画質/エスディ画質)と(HD画質/ハイビジョン画質)があります。SD画質のテープはVHS・VHS-C・ベータ・Hi8・デジタル8・miniDV(SD画質で記録)・マイクロMVなど。HD画質のテープはHDV・miniDV(HD画質で記録)・SDカード(HD画質)となります。

※miniDV・SDカードはビデオカメラによってHD画質での記録が可能です。

SD画質テープのダビングメディア

SD画質のテープはブルーレイにダビングしてもHD画質にはなりません

miniDV※・VHS・VHS-C・Hi8・ベータなどSD画質のテープはブルーレイにダビングしても画質がハイビジョンになるわけではありません。 ブルーレイにダビングすると容量が大きいのでハイビジョンのような高画質に画質がアップすると思われがちですが、元もと録画された以上にダビングによって高精細に記録されることはありません。



少しでも画質の劣化を抑えたい方はブルーレイ

60分のテープをキャプチャー(PCに取り込む)すると、無圧縮の状態で約13GBの容量があります、それをDVD(4.7GB)にダビングするには圧縮をかけますので、その時点で画質は劣化いたします。 ところがブルーレイ(25GB)や※ハードディスクにダビングする場合は圧縮方式もかわりますし幾分画質の劣化を抑えることができます。 ただ、お手元にDVDプレイヤーしかなくブルーレイは再生出来ないなど事情は様々かと思いますので SD画質の映像の場合は極端にこだわる必要はないかと思います。


\ 記録時間が長いテープは少し画質に差がつく /

DVD-VIDEO形式は最大ビットレートが60分記録して約9bpsとなり、120分を1枚にダビングすると4.5bpsまで減ってしまいます。ブルーレイは120分記録しても15bpsの高ビットレートで記録する事が出来ますので安定した高画質となります。

SD画質をHDD/ブルーレイ・DVDにダビング比較画像

元映像の画像:SD画質(全体表示)

ビットレート4.5(DVDへ120分記録の画質)

ビットレート9.2(DVDへ60分記録の画質)

ビットレート15(HDD・ブルーレイへ記録の画質)

HD画質テープのダビングメディア

HD画質のテープをDVDにダビングすると画質が極端に落ちます

miniDVテープ(HD画質で撮影された場合)HD画質で撮影されたSDカード、またHDVのテープなどはDVDにダビングしてしまうとせっかくハイビジョン画質(1440×1080以上)で録画されたものがDVD規格(720×480)にダウンコンバートされてしまいますので、HD画質のテープはブルーレイへやハードディスクへのダビングがオススメです。



HD画質はDVDでもブルーレイでも同料金

弊社ではデジタルテープの読み込みは全てデジタルとなりますので60分のHD画質のテープをキャプチャー(PCに取り込む)すると、無圧縮の状態で約35GBの容量があります。この大容量のファイルをダビングするにはDVDでもブルーレイでも変換の作業時間は同じくらい必要になってしまうため、料金は同料金となっております。同料金なら断然ブルーレイがオススメですよね。


ブルーレイダビングの便利情報!

複数のテープを1枚にまとめる


DVDに最高画質で記録できるのは60分となり最大でも120分までの記録なりますが、ブルーレイには画質を保ちながらSD画質のテープは(4時間まで)HD画質でも(2時間)までを1枚にまとめてダビングする事が可能です。※料金はテープの本数分となります。




ダビングお役立ちコラム

レーベル印刷「写真タイプ」のご案内

レーベル印刷「写真タイプ」のご案内 dvd-bdr DVD/ブルーレイをもっと素敵に 保育園・学校の思い出DVDや部活動の試合の記録など記念として保護者にプレゼ…

Read more

miniDVのSPモードとLPモードに注意

miniDVのSPモードとLPモードに注意 miniDVのLPモードとは? miniDVテープの記録方式はSPモードとLPモードがあります。 miniDVテープ…

Read more

厚みまであるような真っ白なVHSテープのカビ

厚みまであるような真っ白なVHSテープのカビ VHSテープカビ取り前 厚みまで感じる真っ白なカビがついたVHSテープです。このようなテープは裂けなどが発生する事…

Read more


ご注文
order