PAMのビデオダビングサービスは安心の高画質・低価格でDVD・ブルーレイにダビング
cartお問い合わせお問い合わせお気軽にお電話下さい

ベータテープのDVDダビングについて

ベータ(Beta)テープのDVDダビングについて


beta-dubbing


ベータテープの歴史やダビングについて

ベータマックスの使用時期


ベータのテープは1975年5月の発売から2002年8月まで生産されていたテープとなります。ですので最も古いものを考えるとすでに30年を超えるものも眠っている可能性があります。 もちろん保存環境によっては全くキレイに映るものも多いのですが、環境によってカビなどが生えている場合も多いのが現状です。

テープの記録時間のダビング注意点


代表的なものとして、L-250(βⅠ:30分 βⅡ:60分 βⅢ:90分)・L-500(βⅠ:60分 βⅡ:120分 βⅢ:180分)・L-750(βⅠ:90分 βⅡ:180分 βⅢ:270分)があります。βⅢが3倍モードのようなものです。 お手元のビデオテープを確認して頂きましてテープに何分記録できるものなのかを確認してお申し込み下さい。何分の記録があるか分からない場合はお申し込みは120分で本数分ご注文して頂き、内容を確認しご連絡、もしくはそのまま追加分としてご利用頂く形となります。


お申し込み時にはテープのカビの確認を


目視で白い綿のようなものがテープにあればカビの発生の可能性があります。こちらのテープをダビングする場合はダビング前にカビ取りの作業が必要となります。
カビ取り料金はコチラ


ベータテープを高画質ダビングできる理由

ベータテープにはSONY製の民生用上位機種のデッキを使用しダビングを行っております。またベータテープのデッキはトラッキングなどの画質調整も手動でしか出来ません。手間暇をかけるからこそ出来るサービスを行い出来るだけ綺麗な画質でのダビングを心がけております。 ※トラッキングは基本テープスタート時のみ調整を行います。
現在のベータからDVDへのダビングのお値段はゆっくり仕上げで1本798円(税込)となっております。


ダビングお申し込みはコチラ


ベータテープのダビングお急ぎ下さい!

ビデオテープは見なくても劣化します!

ビデオテープは見なくても劣化が進んでいきます、そして保存状態によってはカビやテープの切れが発生の起きてしまいます! 唯一のビデオデッキも2016年7月に生産が完了し中古デッキも少なくなっております。安価にダビングできる今のうちにDVD・ブルーレイなどにダビングをオススメ致します。

詳しくはコチラ



ベータテープを高画質でハードディスクにダビング


ベータテープをできるだけ画質を落とさないで保存する方法は2種類

VHSテープをハードディスクにダビング

ベータテープを無圧縮で保存すると120分で20~25GB/時間といったところでしょうか。こちらを圧縮してMPEG2の形式としてDVDに書き込みます、エンコード作業はもちろん最善のソフトを使用して行いますが、無劣化とはいきません。これをできる限り画質を落とさずに保存する方法としてハードディスクに、MP4という形式にてダビングを行います。こちらはファイルサイズはそんなに大きくありませんが(60分で約8GB程度)DVDに記録するmpeg2形式より高画質で残す事が可能です。現在ハードディスクも3TBで1万円を切っておりお求め安くなっておりますので選択肢のひとつにいかがでしょうか? ※MP4はPCでの観覧を保証するファイル形式となります。

ハードディスクへのダビング詳しくはコチラ

ベータテープをブルーレイにダビング

DVDへの保存は60分が最高画質となり120分までを1枚の許容範囲としてダビングしております。ですのでDVD1枚に複数本のVHSをまとめられる事はあまりありません。しかしブルーレイですと5時間程度の映像をまとめてダビングする事も可能であり、エンコードされたファイルの形式もDVD-Rにダビングする際のDVD-VIDEO形式とは異なり幾分劣化の少ない形式となります。※料金はビデオの本数、また120分以上の場合は追加の記録分数が加算されます。




PAGE TOP