PAMのビデオダビングサービスは安心の高画質・低価格でDVD・ブルーレイにダビング
cartお問い合わせお問い合わせお気軽にお電話下さい

VHS・S-VHSテープのDVDダビングについて

VHS・S-VHSテープのDVDダビングについて


vhs-dubbing


VHSテープの歴史やダビングについて

VHS(ビデオホームシステム)・S-VHS(スーパー・・)とは

VHSは1975年に先に発表されましたベータマックスに追随する形で日本ビクターが1976年に第一号デッキを発表しました当時のデッキの価格は低下25万6000円。S-VHSは1987年に同日本ビクターが発表水平解像度240TV本から400TV本を実現し発売しました。しかし、時代の流れと共に少なくなり、ついに2016年7月末をもってVHSデッキの生産を完全終了する事となりました。

テープの記録時間のダビング注意点

VHSのテープは120分 160分 180分の規格があります。お手元のテープもおそらくこの中の規格のものと思いますが、VHSテープは3倍モードでの記録ができるため、120分のテープでも360分の記録ができてしまいますので、お手元のVHSテープをダビングされる際に記録分数が不明な場合は120分でダビングのお申し込みをして頂き、240分記録されている場合は120分の追加となります、お振込・ダビングの金額はダビング完了時にご連絡させて頂きます。


お申し込み時にはテープのカビの確認を

目視で白い綿のようなものがテープにあればカビの発生の可能性があります。こちらのテープをダビングする場合はダビング前にカビ取りの作業が必要となります。
カビ取り料金はコチラ


VHS・S-VHSテープのダビングお急ぎ下さい!

ビデオテープは見なくても劣化します!

ビデオテープは見なくても劣化が進んでいきます、そして保存状態によってはカビやテープの切れが発生の起きてしまいます! 唯一のビデオデッキ(VHS)も2016年に生産が完了いたしました。安価にダビングできる今のうちにDVD・ブルーレイなどにダビングをオススメ致します。

詳しくはコチラ


VHSテープを高画質ダビングできる理由

VHSテープにはビクター製とSONY製の民生用上位機種のデッキを使用しS端子(S-VIDEO端子)で出力しダビングを行っております。VHSテープもビデオデッキとの相性がよくあり、例えばAのデッキでは映像が全く映らないテープがBのデッキでは綺麗に再生できるなんて事がよくあります。手間暇をかけるからこそ出来るサービスを行い出来るだけ綺麗な画質でのダビングを心がけております。 現在のVHSからDVDへのダビングのお値段はゆっくり仕上げで1本580円(税込)となっております。 ご自宅のビデオデッキで見れなかったVHSテープが弊社で再生が出来たという事例も多々ございます。


ダビングお申し込みはコチラ



VHSテープを高画質でハードディスクにダビング


VHSテープをできるだけ画質を落とさないで保存する方法は2種類

VHSテープをハードディスクにダビング

VHSテープを無圧縮で保存すると120分で20~25GB/時間といったところでしょうか。こちらを圧縮してMPEG2の形式としてDVDに書き込みます、エンコード作業はもちろん最善のソフトを使用して行いますが、無劣化とはいきません。これをできる限り画質を落とさずに保存する方法としてハードディスクに、MP4という形式にてダビングを行います。こちらはファイルサイズはそんなに大きくありませんが(60分で約8GB程度)DVDに記録するmpeg2形式より高画質で残す事が可能です。現在ハードディスクも3TBで1万円を切っておりお求め安くなっておりますので選択肢のひとつにいかがでしょうか?

※MP4はPCでの観覧を保証するファイル形式となります。

ハードディスクへのダビング詳しくはコチラ

VHSテープをブルーレイにダビング

DVDへの保存は60分が最高画質となり120分までを1枚の許容範囲としてダビングしております。ですのでDVD1枚に複数本のVHSをまとめられる事はあまりありません。しかしブルーレイですと5時間程度の映像をまとめてダビングする事も可能であり、エンコードされたファイルの形式もDVD-Rにダビングする際のDVD-VIDEO形式とは異なり幾分劣化の少ない形式となります。※料金はビデオの本数、また120分以上の場合は追加の記録分数が加算されます。




PAGE TOP