PAMのビデオダビングサービスは安心の高画質・低価格でDVD・ブルーレイにダビング
cartお問い合わせお問い合わせお気軽にお電話下さい

HDVテープのブルーレイダビングについて

HDVテープのブルーレイダビングについて


HDV-dubbing

HDVについて

HDVテープをダビングする際の注意点

HDVテープとは


ビデオカメラの解像度はざっくりとこのような形になります。ブルーレイディスクはMPEG-2 TSとなりますので、HDVの解像度を保持したダビングが可能となります。逆にDVDへのダビングですとSD画質にダウンコンバートすることになりますので720×480の解像度にて記録されます。 ですので、ブルーレイのデッキや再生環境がない場合以外は、ブルーレイへのダビングを推奨しております。

※こちら画質を保持できるのは「デジタル信号での取り込み」であり「アナログ信号」に変換してしまうと高画質の維持はできなくなります。弊社ではデジタル信号でのダビングを行っております。
デジタルとアナログ画質比較

方式 DVD ブルーレイ HDV
記録解像度 720×480 1920×1080
1440×1080
1440×1080
1280×720
映像圧縮 MPEG2 MPEG2 MPEG2

HDVテープの記録時間


HDVテープは63分 85分 124分 186分などのテープがありますが、ダビングをご希望されるお客様では63分を使われる場合が多いです。

miniDVにHD画質で記録


ミニDVテープにもビデオカメラによってHD画質で記録する事が可能です。(60分) この場合、映像はHD画質となりますのでブルーレイにダビングすることによってHD画質の鮮明さを保持してダビングする事が可能です。 DVDにダビングとなるとSD画質にダウンコンバートしての記録となりますので、せっかくのHD画質がもったいないことになりますがご自宅にブルーレイのプレイヤーがないなどの場合もありますので、ミニDVをお申し込み頂き映像がHDの場合はご連絡し、ご選択いただきます。

HDVのカビ・テープ切れについて


VHSテープやベータテープと違い目視でカビの発生を確認することが困難です、よってテープ再生中にテープが切れる場合(絡まったりする以外)はほぼカビによる劣化が原因と思われます。この場合はお客様にご連絡し、カビ取りやテープ切れの復旧をしてダビングされるかどうかのご相談をさせて頂きます


HDVを格安で高画質にダビングできる理由

13年間の経験と数十万本の実績で安心のDVDダビング

業務用のハイエンドビデオデッキ複数台を使用し、出来る限りの効率化と自社にてメンテナンスを行うことで安い価格でダビングサービスを提供することが出来ます。 また「IEEEデジタル信号」でダビング致しますので、安価なダビングショップでよくある「アナログダビング」とは違い元もとの高画質を維持してのダビングが可能です。
現在のHDVらブルーレイ/DVDへのダビングのお値段はゆっくり仕上げで1本880円(税込)となっております。

ダビングお申し込みはコチラ


HDVを高画質でハードディスクにダビング


HDVテープをできるだけ画質を落とさないで保存する方法

HDVをハードディスクにダビングする事ができます。MP4という形式にてダビングを行います。こちらはファイルサイズはそんなに大きくありませんが(60分で約13GB程度)高画質で残す事が可能です。現在ハードディスクも3TBで1万円を切っておりお求め安くなっておりますので選択肢のひとつにいかがでしょうか?
ハードディスクへのダビング詳しくはコチラ

※MP4はPCでの観覧を保証するファイル形式となります。



PAGE TOP