PAMのビデオダビングサービスは安心の高画質・低価格でDVD・ブルーレイにダビング
cartお問い合わせお問い合わせお気軽にお電話下さい

マイクロMVテープのDVDダビングについて


micromv-dubbing

microMVの歴史やダビングについて

microMV(マイクロMV)ビデオとは


microMV(マイクロエムブイ)はSONYが2001年に商品化したビデオ規格です。撮影カメラもDCR-IP1K/DCR-IP220K/DCR-IP55/DCR-IP7の4機種の販売にとどまっており仕様テープもMGR60(60分テープ)の1種類の販売となっております。 磁気テープ式のビデオカメラとしては世界最小・最軽量のモデルもありコンパクトで便利なビデオカメラではあったのですが、他社の参入がみられずソニー独自のみの規格となり、5年間という短い期間の生産となり、2005年にはすべてのビデオカメラの生産を終了し、マイクロMVテープも2015年に生産を終了しました。

microMVのダビングお急ぎ下さい!

ビデオテープは見なくても劣化します!

ビデオテープは見なくても劣化が進んでいきます、そして保存状態によってはカビやテープの切れが発生の起きてしまいます! マイクロMVのビデオカメラも2005年に生産が完了し中古機材もかなり少なくなっております。安価にダビングできる今のうちにDVD・ブルーレイなどにダビングをオススメ致します。

詳しくはコチラ


microMVを格安で高画質にダビングできる理由

15年間の経験と数十万本の実績で安心のDVDダビング

microMVテープからPCへのデジタル(IEEEケーブル)ダビングはSONYの専用ソフト(すでに販売/配布終了)のみでしか取り込みを行うことが出来ませんが、弊社ではそのソフトを使用しデジタルデータでの取り込みを行い、取り込んだ映像データは高画質エンコードソフトにてDVDやブルーレイへダビングを行います。
現在のmicroMVからDVDへのダビングのお値段はゆっくり仕上げで1本798円(税込)となっております。


ダビングお申し込みはコチラ



microMVを高画質でハードディスクにダビング


マイクロMVテープできるだけ画質を落とさないで保存する方法

microMVテープをハードディスクにダビング

microMVテープを無圧縮で保存すると30分で5~6GB/時間といったところでしょうか。こちらを圧縮してMPEG2の形式としてDVDに書き込みます、エンコード作業はもちろん最善のソフトを使用して行いますが、無劣化とはいきません。これをできる限り画質を落とさずに保存する方法としてハードディスクに、MP4という形式にてダビングを行います。こちらはファイルサイズはそんなに大きくありませんが(60分で約8GB程度)DVDに記録するmpeg2形式より高画質で残す事が可能です。現在ハードディスクも3TBで1万円を切っておりお求め安くなっておりますので選択肢のひとつにいかがでしょうか? ※MP4はPCでの観覧を保証するファイル形式となります。

ハードディスクへのダビング詳しくはコチラ

microMVテープをブルーレイにダビング

ブルーレイですと5時間程度の映像をまとめてダビングする事も可能であり、エンコードされたファイルの形式もDVD-Rにダビングする際のDVD-VIDEO形式とは異なり幾分劣化の少ない形式となります。※料金はビデオの本数分となります




PAGE TOP