PAMのビデオダビングサービスは安心の高画質・低価格でDVD・ブルーレイにダビング
cartお問い合わせお問い合わせお気軽にお電話下さい

miniDV(ミニDV)テープのDVDダビングについて

miniDV(ミニDV)テープのDVDダビングについて


miniDV-dubbing

miniDVをダビングする際の注意点

miniDVのSPモードLPモード

ミニDVテープにはSPモード(60分)の記録とLPモード(90分)の記録が出来ます。 LPモードでの記録は1.5倍とテープ自体の省エネという部分ではとても便利なのですが、記録される情報が少ないため映像再生に関して とても不安定になるリスクがあります。
撮影されたビデオカメラでの再生は保証されますが、他の機材での再生の際にノイズや音声の乱れが頻繁に生じます。 弊社ではLPモード対応の業務用機器を使用しノイズが出てしまう場合には相性の良いデッキを複数台試してダビングを行います。他社様でダビングが出来なかったものが弊社にてダビングできた事例も多々ございます。
※テープのねじれや劣化によりノイズがどうしても出てしまう場合もあります。

miniDVにHD画質で記録

ミニDVテープにもビデオカメラによってHD画質で記録する事が可能です。
この場合、映像はHD画質となりますのでブルーレイにダビングすることによってHD画質の鮮明さを保持してダビングする事が可能です。 DVDにダビングするとSD画質にダウンコンバートしての記録となりますので、せっかくのHD画質がもったいないことになりますがご自宅にブルーレイのプレイヤーがないなどの場合もありますので、ミニDVをお申し込み頂き映像がハイビジョン画質だった際はご連絡しご選択いただきます。

詳しくはコチラ


miniDVのカビ・テープ切れについて

VHSテープやベータテープと違い目視でカビの発生を確認することが困難です、よってテープ再生中にテープが切れる場合(絡まったりする以外)はほぼカビによる劣化が原因と思われます。この場合はお客様にご連絡し、カビ取りやテープ切れの復旧をしてダビングされるかどうかのご相談をさせて頂きます


miniDVのダビングお急ぎ下さい!

ビデオテープは見なくても劣化します!

ビデオテープは見なくても劣化が進んでいきます、そして保存状態によってはカビやテープの切れが発生の起きてしまいます! 唯一のビデオデッキ(VHS)も2016年に生産が完了いたしました。安価にダビングできる今のうちにDVD・ブルーレイなどにダビングをオススメ致します。

詳しくはコチラ


miniDVを格安で高画質にダビングできる理由

13年間の経験と数十万本の実績で安心のDVDダビング

業務用のハイエンドビデオデッキ複数台を使用し、出来る限りの効率化と自社にてメンテナンスを行うことで安い価格でダビングサービスを提供することが出来ます。
現在のminiDVからDVDへのダビングのお値段はゆっくり仕上げで1本399円(税込)となっております。

ダビングお申し込みはコチラ


miniDVテープの高画質ダビングもうひとつの理由

miniDVテープにはIEEEのデジタル出力で取り込み、ビットレートを最大限に配分した手間暇をかけるからこそ出来る高画質で綺麗なダビングを心がけております。


高画質ダビング詳しくはコチラ



miniDVを高画質でハードディスクにダビング


miniDVテープをできるだけ画質を落とさないで保存する方法

miniDVを同等の画質で保存すると11~13GB/時間になります。こちらを4.7GBのDVD-Rにmpeg2にて圧縮してダビングしますので、画質はどうしても落ちます。
これをできる限り画質を落とさずに保存する方法としてハードディスクにMP4という形式にてダビングを行います。こちらはファイルサイズはそんなに大きくありませんが(60分で約8GB程度)DVDに記録するmpeg2形式より高画質で残す事が可能です。現在ハードディスクも3TBで1万円を切っておりお求め安くなっておりますので選択肢のひとつにいかがでしょうか?
ハードディスクへのダビング詳しくはコチラ

※MP4はPCでの観覧を保証するファイル形式となります。



PAGE TOP