PAMのビデオダビングサービスは安心の高画質・低価格でDVD・ブルーレイにダビング
cartお問い合わせお問い合わせお気軽にお電話下さい

MD(ミニディスク)のCDダビングについて

MDのCDダビングについて


md-dubbing


MDの歴史やダビングについて

MD(ミニディスク)とは?


ソニーが1991年に発表1992年より販売をスタートさせた、デジタルオーディオディスクです。 再生専用と録音用と2種類あり、再生用はCD同様の光ディスクで録音用は光磁気ディスクとなっております。

MDの記録時間


通常のステレオ録音で60分74分80分のディスクが主流となっており、モノラル録音ですと2倍の時間の記録が可能です。 また、記録モードもLP2モード「132kbps」で2倍(80分ですと160分)LP4モード「66kbps」で4倍(80分ですと320分)の記録が可能なディスクとなっております。

再生機の生産も終了が近い


MD(ミニディスク)の再生機はTEACで現在(2019年)も生産されております(家庭用ではMD-70CDのみ)が 自社の在庫がなくなればもう終了のようです。ですので後数年でなくなる可能性が高い状態です。


MDをCD-Rにダビング

高音質で79分までを598円(税込)で1枚のCDRに記録


弊社では現在発売されておりますMDプレイヤーではなく、すでに製造が完了しております 高品質なMD用オーディオプレイヤーを多数所持しダビングを行っております。 オーディオ機器とPCをオーディオインターフェースで接続し、出来るだけノイズの発生を抑えて録音を行います。

ダビングお申し込みはコチラ


MD(ミニディスク)をハードディスクにダビング

PCなどでの視聴を目的とした場合にハードディスクに保存することが出来ます


CD-Rに記録する場合、79分以内で1枚などの制限がありますがハードディスクへのダビングの場合はディスクの容量分、たくさんのトラック(ファイル)を保存することが出来ます。 現在ハードディスクも3TBで1万円を切っておりお求め安くなっておりますので選択肢のひとつにいかがでしょうか?※料金はCDへのダビングと同料金、再生はPCでの再生となります。




PAGE TOP