PAMのビデオダビングサービスは安心の高画質・低価格でDVD・ブルーレイにダビング
cartお問い合わせお問い合わせお気軽にお電話下さい

アナログダビングとデジタルダビングの違い

アナログダビングとデジタルダビングの違い


analog or digital

HD画質の映像をアナログとデジタルのケーブルで比較

HD画質で撮影した映像を(アナログRCAケーブル)よくある赤白黄のケーブルと(デジタルIEEEケーブル)にてPCに取り込み画質を比較しました。 HD画質で撮影された映像は(1440×1080)の高画質で記録されておりますが、アナログダビングを行うことで(720×480)のサイズにダウンコンバートされます。 DVDにダビングする分には幾分の画質の差ですみますが、ブルーレイやハードディスクにダビングする際には、はっきりと画質に差がでます。


アナログダビング

HD映像をRCAケーブルでPCにキャプチャー映像を部分的にアップにして比較しております。文字の輪郭にジャギーががでているのがよく分かります。 この場合、ダビングする場合は映像データとしてもファイルサイズも小さくファイル変換(エンコード)の時間も短くてすみますので、作業は比較的楽に完了いたします。


デジタルダビング

HD映像をIEEEケーブルでPCにキャプチャーアナログケーブルでキャプチャーしたものと比べて精細に描写されているのが見て頂けるかと思います。映像のサイズも(1440×1080)のサイズをそのまま取り込んでおりますので、とても綺麗な映像となります。そのかわりダビングの際にファイル変換にかかる時間は数倍ですのでとても手間がかかります。


PAMではデジタル映像は全てデジタル取り込みにてダビング

PAMではminiDV・HDV・SDカードなどデジタル映像データに関しましてはIEEEケーブルを使用したデジタルダビングを行っておりますので、アナログにてキャプチャーする方法と比較して画質の劣化を抑えたダビングが可能です。先にご紹介しましたようにHD画質に関しましてはブルーレイ・HDDへのダビングがハイビジョン画質をにて記録することができますのでオススメです。


記事の著者「DVDダビングのPAM」


HD画質の映像を通常のminiDVやアナログテープとはダビング方法を変えてお客様の映像を高画質にてダビングしてお届けできるようにサービスを行っております。

DVDダビングのPAM《 ℡0238-52-4884 》




PAGE TOP