VHS-CテープからDVD・ブルーレイへのダビングについて






VHS-Cテープの歴史やダビングについて

VHS-Cのテープをダビングする際の注意点

 VHS-CからDVDへダビングはこちら

VHS-C(ビデオホームシステムコンパクト)とは

VHS-Cは日本ビクターより1982年に発売されました。通常のVHSのサイズより3分の1の大きさととてもコンパクトで当時はHi8とのシェア争いが起こっていたテープです。再生にはVHS-C用のデッキ、もしくはVHSデッキにVHS-C用のカセットアダプターを装着して再生します。

テープの記録時間
10分から40分(標準記録)・3倍モードで(30分から120分)がありますが、代表的なものとしては30分テープをよくダビングとしてご依頼頂く事が多いです。テープのたるみなども出やすいテープのようですので、早めのダビングが望ましいです。

お申し込み時にはテープのカビの確認を


目視で白い綿のようなものがテープにあればカビの発生の可能性があります。こちらのテープをダビングする場合はダビング前にカビ取りの作業が必要となります。カビ取りの料金はこちらをご参照下さい。


VHS-Cテープを高画質ダビングできる理由

VHS-Cテープにはビクター製とSONY製の民生用上位機種のデッキを使用しダビングを行っております。また手間暇をかけるからこそ出来るエンコードの方法を行い出来るだけ綺麗な画質でのダビングを心がけております。
高画質ダビングを詳しくはコチラ


miniDVの画質を高画質で保存する方法

VHS-CテープをDVDにまとめてダビング


DVDへの保存は60分が最高画質となります。VHS-Cは比較的記録時間が短いため、代表的な30分テープなどの場合は、DVDに保存する際も最高画質で2本分ずつまとめる事が出来ます。※料金はビデオの本数分

VHS-Cテープをハードディスクにダビングしたい場合



VHS-Cテープをできるだけ画質を落とさないで保存する方法
VHS-Cテープを無圧縮で保存すると30分で5~6GB/時間といったところでしょうか。こちらを圧縮してMPEG2の形式としてDVDに書き込みます、エンコード作業はもちろん最善のソフトを使用して行いますが、無劣化とはいきません。これをできる限り画質を落とさずに保存する方法としてハードディスクに、この6GBGBのファイルサイズでダビングします。現在ハードディスクも3TBで1万円を切っておりお求め安くなっておりますので選択肢のひとつにいかがでしょうか?※再生はPCでの再生となります。

ハードディスクにダビングする場合、通常通りお申し込みの際、備考にハードディスクにダビング希望とご記入頂き、テープと一緒にハードディスクもご郵送下さい。



ダビングお申し込み